今カンボジアに無いものを創る・育む

コンポンチャムの村に訪れた際に、日本で小学校の先生をしていた山田先生に会いました。

村の小さな建物で数人の子供たちに日本語を教えておられました。

 

10997998_823861434351180_7348237354618440796_n

10985308_823861681017822_5347560185083379185_n

 

先生言わく、
『最初は面白がってたくさん子供たちが日本語の勉強に集まってきたが、2度3度来る度に人数が減っている。今のカンボジアの環境で継続して勉強を教えるって事がこんなに難しいとは・・。』
これは、今のカンボジア教育システムの問題・課題にも言える事ですが、詰め込み教育の上に成績が優秀な子に沿って授業が進んでいく。

学校は2部制のなので、お金に余裕のある子ども達は午前中に学校で授業を受けて午後は塾に行く。

貧しい家庭の子は塾に行けないので授業が分からなくなり、親の手伝いも忙しく、授業にもついて行けないので学校に行かなくなる。

義務教育は無料とは言えど、貧困家庭の子どもが学校に行きにくい現状がこれです。

 

11015060_823863004351023_2275817756142511286_n

10922781_823862857684371_8982081649140809265_n

10406915_823862734351050_3088059574187902397_n

 

また、小学校の就学率は93%、中学校は34%、そして高校への進学率は12%。カンボジアの教育問題は山積みです。

 
『物資やお金を送る』

『学校を建てる』

 
素晴らしい事なんだけど、もうそれだけではダメなのかなって思います。

もちろん、生きるか死ぬかの瀬戸際であればそんな事は言いません。

今日、明日のご飯が食べれない子供たちがいれば、なんとか手を差し伸べてあげたいって思います。

何度も書きましたが、

 

『命あっての教育支援』です。

 

だから、今頑張ってちゃんと支援活動をしている個人、団体ともうまく連携をとっていけたらって思います。

そんな中でま心は、
『いま無いものを創る・育む』

常識的に無理だとか、

現実的に無理だとか、

そんな事を言っていたら何も始まらない。

昨年の決起大会でお約束した事を、実現に向かって頑張って行きますね。

10998894_823862284351095_4462889505671997710_n

10991306_823862154351108_9097365634131459735_n

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

『カンボジア自立教育支援団体』

NPO法人ま心 http://macocoro.net/
京都市山科区竹鼻竹ノ街道町35-14
tel 075-593-7784

『夢と希望を持って学べば、
きっと未来に笑顔がある。』

Cambodia Office
Borey Prem Prey,Mebon St,
House M-29,Siem Reap,Cambodia
Takumi Imai (+855)89 750 963

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>