カンボジアの子供たちを日本に留学させる

NPOま心の一番大きな目的は、カンボジアの子供たちを日本に留学させる事です。

これには色んな想いや意味があるんですが、勉強だけを教えるのならカンボジアでも出来ます。

実際、カンボジアに行った事のある方や、住んでいる方ならピンとくるかもしれませんが、日本とカンボジアでの一番の違いは生活習慣にあります。

 

10391404_822935151110475_7148597442961903358_n

 

実際に聞いて見てきた話ですが、カンボジアの孤児院に住む子供たちが昨年日本に来ました。

滞在は2~3週間程度ですが、帰国して一番変わった事が、
『お掃除!』

 

恐らく綺麗な環境の方が気持ちが良いって事を、子供たちなりに見て体験して気づいたんでしょうね。

日本人の感覚だと掃除くらいって思うかもしれませんが、カンボジア人ってほんと掃除が苦手なんです(笑)

 

ゴミはゴミ箱でなく路上へ。

食べたゴミカスも路上へ。

大人も子供もそうします。

 

そんな光景はカンボジアでは当たり前です。

カンボジアルールの中だけで働くのなら、今のままでも問題ないかもしれませんが、貧困を脱出して、今よりも良い暮らしをして行こうと思うとそれではいけません。

 

10991262_822945151109475_4178995040698754140_n

11009864_822945497776107_1416323017835839594_n

11021078_822938351110155_749002334414132746_n

 

 

日本の企業を含め、外国の企業の中で働き、収入を得て行く為には社会的なモラルやルールも学んでいかなくてはいけない。

 

『カンボジア人(クメール人)の弱点を克服する!』

 

これも含めて、カンボジアの子供たちに勉強が出来る環境を提供して行く事が、ま心の趣旨でもある自立教育支援に繋がります。

PS>写真は実際にプノンペンにある小学校で子供たちと一緒にお掃除をした時の写真です。

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

『カンボジア自立教育支援団体』

NPO法人ま心 http://macocoro.net/
京都市山科区竹鼻竹ノ街道町35-14
tel 075-593-7784

『夢と希望を持って学べば、
きっと未来に笑顔がある。』

Cambodia Office
Borey Prem Prey,Mebon St,
House M-29,Siem Reap,Cambodia
Takumi Imai (+855)89 750 963

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>