4回目のカンボジア訪問

今回のカンボジアは今後の活動方法を再度考える訪問となりました。

 

くっくま孤児院の訪問

くっくま孤児院に訪問(2014年5月)

バサック孤児院の訪問

バサック孤児院に訪問(2014年5月)

ダンコール小学校で万華鏡工作キットを使っての授業と校舎横ゴミ山の掃除

ダンコール小学校で万華鏡の授業

ダンコール小学校でゴミ山の掃除

タヤマ日本語学校への訪問

タヤマ日本語学校(2014年5月)

今までのカンボジア訪問の中で気になっていた事が支援の形。

物資やお金の支援で子供達は本当に幸せになれるのか?

急速に復興・発展していくカンボジアの中で、貧富の差は広がるばかり。

その場しのぎの支援で救える命もあるとは思いますが、それでは支援し続けなければならないし、

子供達の本当の意味での幸せは訪れない様な気がしていた。

『やはり、カンボジアはカンボジアの人々が変えて行くしかない。』

そう思うと、これからカンボジアを背負って立つ子供達にはもっともっと勉強して欲しいと思った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>